研究紹介

D3

坂上 莉奈

研究テーマ

「角竜類の脳・内耳形態の解析」

 

 角竜類(プシッタコサウルス・トリケラトプス)の脳や内耳といった頭骨内部器官の形態を定量的に解析し、これらの知覚・運動機能について明らかにしました。


D2

石川 亜郷

研究テーマ

「下部白亜系義県層陸家屯単層(中国遼寧省)から産出したプシッタコサウルス(角竜類)について」

 

 前期白亜紀に生息したプシッタコサウルスの頭骨の記載を行っています。恐竜の中では最も種に富むといわれていますが、種の多様性に関して新たな知見を与えられたらと思います。

陣内 香苗

研究テーマ

「エドモントサウルス(鳥脚類)の頭骨の記載およびその成長段階の検討」

 

 CTデータや形態解析を使用し、エドモントサウルス頭骨の形態を研究します。


M2

針谷 一樹

平良 暁子

研究テーマ

「カマラサウルスの上顎および下顎の血管神経管形態の解析」

 

 

 カマラサウルスの上顎と下顎の血管神経管形態をCT画像を用いて復元し、解析を行っています。血管神経管形態を解析することによって、顎先の感覚の発達程度を明らかにし、そこからカマラサウルスの生態について新たな知見が得られたらと考えています。


M1

大西 侑生

研究テーマ

「カラスにおける個体発生による脳の形態変化」

 

 カラスの生態の変移と個体発生による脳の変化変化の関係を調べています。それにより、恐竜の生態や行動の推定に役立てようと考えています。

坂根 広大

中村 冬弥



卒業生

➣2020年 卒業

 小布施 彰太

 「下部白亜系北谷層のワニ形類の多様性」:福井県勝山市の手取層群北谷層から見つかるワニ化石の記載・分類学的研究を行い、他地域の化石種との比較からその特異性を見出しました。

  

 堀口 直人

 「アロサウルスにおける頭蓋の血管神経管および副鼻腔」:後期ジュラ紀に生息していたアロサウルスの頭骨をCTスキャンし、血管神経管および副鼻腔の構造を3Dモデル化して獣脚類における同構造の研究基礎を構築しました。

 

 

➣2021年 卒業

 佐野 瑞穂

 「トカゲ亜目の近位尾椎における機能形態学的研究」:カメレオンやヤモリなど様々な形態多様性が見られるとかげにおいて、その尻尾にある尾椎という骨の形と機能について研究しています。

  

➣2022年 卒業

 朝倉 侑也 

 「解剖学的ネットワーク分析によるトカゲ類の頭骨における進化的統合とモジュール性の解明」:モジュール性の観点から、トカゲ類頭骨の形態的多様性や進化について研究を行いました。